復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/01/26
交渉人 真下正義
興収42億円の超大ヒット!!「踊る」レジェンドシリーズ第1弾登場!!

いいね、ユースケ、のってるねぇ(*⌒ヮ⌒*)

20060127015227.jpg

本編:127分
出演:ユースケ・サンタマリア 寺島進 小泉孝太郎 松重豊 
   柳葉敏郎 水野美紀 他
あらすじ:
レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」から1年。
雪乃(水野美紀)とクリスマスイブのデートを約束していた警視庁初の交渉人“ネゴシエイター”、交渉課準備室課長の真下正義(ユースケ・サンタマリア)は、その日の午後、室井管理官(柳葉敏郎)から呼び出しを受ける。
東京の地下鉄の最新鋭実験車両(通称:クモ)が何者かに乗っ取られたのだ。
乗降客200万人の命が、爆走する経った1両の車両によって危険にさらされる。
理由なき犯罪に錯綜する捜査-。そして犯人は交渉の窓口として、真下を指名してきた・・・。
迷走する地下鉄全車両にも、時間的限界が迫りくる。
そして、雪乃との約束の時間も刻一刻と迫っていた・・・。
真下は事件を解決して、雪乃のもとへ会いにゆくことができるのか!?
<DVD裏面より>



思ったより、というべきか、思っていた通り、というべきか・・・
面白かった!

確かに、細かいところや、最後とか、むむ・・というところも、あります、
もうちょっと、“交渉人”具合をアピールした内容を期待してたのよねぇ、
ってものあります。
でも、それを差し引いても、
面白かった(⌒▽⌒)

『踊る』シリーズは、ドラマの時から好きで、ファンでした。
映画第一弾も、ちゃんと劇場に観に行きましたから。
しかも、まんまと泣いちゃったし・・・
テレビで何度見ても、つい、泣いちゃうし。
織田裕二、好きくなかったケド、青島が好きだから、重なって、悪くないと思わされちゃったし。
ワクさんとか、顔が、超、うちの父親に似てて、勝手に思い入れがあったりするし。

ドラマの頃からそうだったけど、特にこの“真下”を演ってる時のユースケって、とても頭のいい人に見えるから凄い。
ぷっすまの時とは、大違い。
やっぱり役者なんだなと、つくづく感心してしまいます。

思っていた以上に、迫力ある映像で、やっぱり、劇場で観ときたかったな、と、少し後悔させてくれた、そんな作品でした。

と言うことで、勝手に評価は・・・
A=とても良かった 

20060127015400.jpg

スポンサーサイト
2006/01/18
恋愛寫眞
2003年 本編:111分
キャスト:広末涼子 松田龍平 小池栄子 ドミニク・マーカス 他
あらすじ:
三流プロダクションからの仕事がクビになったカメラマンの誠人。
その日、別れた恋人・静流(シズル)からエアメールが届く。
3年前に別れたまま、消息の分からなかった彼女。
友人の間では静流はニューヨークで殺されたと噂されていた。
それなのにどうして手紙が・・・?
エアメールに入っていた写真を手に、誠人はニューヨークへ旅立つ・・・。
20060118151940.jpg




前半は、広末涼子のファンにはたまらないだろうと思うほどの、
まるでプロモーションのようなシーンが目立ちます。

そして、言い方は悪いですが、
べたな学園ドラマのような展開だったので、実のトコロ、あんまり期待せずに見ていました。

でも後半、特に、その衝撃の真実とでもいうのでしょうか、
それにはちょっとびっくりしました。あまりにも意外で・・・(;O;)

正直、始まってすぐに、シズルの消息については、なんとなく分かってしまったのですが、
主人公・誠人の、シズルを想う気持ちを知れば知るほど、
私の直感が間違っていればいいのに・・・と思ったりしました。

最後の最後の、誠人とシズルのシーン。
それがあったので、ちょっとほっとしたかな。
それがなかったら、ん、ビミョー、だっかかな?

勝手に評価:Aランク
S=超サイコーだった
A=とても良かった 
B=良かった 
C=あたらずさわらず
D=失敗です・・・


2006/01/17
勝手に評価を
導入することにしました!

なんだか、皆さんの真似のようですが(^_^;)

せっかくだから、自分が観た作品についての
ランキングとかつけてみたいですし、
そうなるとなにかしら基準が欲しいと思いつきまして。

過去の記事についても、随時追加していくつもりです。

内訳は・・・
S=超サイコーだった
A=とても良かった 
B=良かった 
C=あたらずさわらず
D=失敗です・・・

と、しました。

コメントの時などもこれで書いていただけると嬉しいです。
皆さんのご意見もお待ちしています。
2006/01/11
あらしのよるに
原  作:きむらゆういち(講談社刊)
上映時間:1時間47分
キャスト:中村獅童(ガブ役)
     成宮寛貴(メイ役) 20060112003759.jpg


本日はレディースデイ!
昨年末から楽しみにしていたこの作品、やっと観に行くことが出来増した(*^。^*)

行く前に行きつけの劇場の上演時間を調べたら、
なんと14日で終了というではありませんか\(◎o◎)/!

え、この映画の予告を見たのは『ALWAYS三丁目の夕日』を観た時だよね・・・
『ALWAYS・・』はまだやってるのに、それより先に終わっちゃうって事は・・・

ツマンナイノ?

いや、子供向けだからだよ・・

心の中で呟きながらいざ、開演!









う~ん、そうね。わるくない。
決して、わるくない。
メルヘンチックで、わかりやすくて、いい。

でも、なんかしっくり来なかった。


多分期待しすぎたのだと思います、きっと。


それから、劇場の雰囲気。

観客は、とにかく親子連ればかり。
常にざわついていたり、トイレに 経ったりする親子たち(-_-)゜

お、落ち着かない・・・

そのためか、なんだか長く感じでしまい、
ちょっと飽きてしまった。
この私が、泣けなかった・・・

家で、DVDで観たほうが、私にはよかったのかも(_ _,)
残念
2006/01/07
ゲロッパ!
踊るゴットファーザー、参上

B0000C7P8A.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg


2003年 本編:112分
出演:西田敏行 常盤貴子 山本太郎 岸部一徳 他
監督:井筒和幸

STORY:
収監を数日後に控えた羽原組長(西田敏行)には、やり残したことが二つある。
一つは25年前に生き別れた娘のかおり(常盤貴子)に再会すること。
もう一つは大好きなジェームス・ブラウンの名古屋公演に行くこと!
「もう一回だけ会いたかったなぁ・・・」と呟き、組を解散すると言う羽原親分のために、弟分の金山(岸部一徳)は、子分の太郎(山本太郎)たちにとんでもない命令を下す。
「いますぐジェームズ・ブラウン、さらいに行って来い!」
果たしてJBの誘拐は成功するのか?!


これぞ、娯楽映画!って感じでしたね(≧▽≦)
あまり頭を使わず、テンポ良く見ていられて、
笑う要素、親子の愛をホロリの要素、それぞれを程よくちりばめてあって、イケテますねd(^-^)!

なんていうか、井筒監督と西田敏行のコンビっていうのが、
さらに味わいを深めた、って感じですか。
ラストの方で、西田敏行演じる親分が、バリバリJBをシャウトする(なんか、長島茂雄っぽい表現?!)シーンがあるんですが、
これが、まるで、ミュージックビデオを見ているようで、
かっこいい!
個人的に、西田敏行、結構好きなので、なおのこと、いい!

それから、それから、エンドロールがまた、いいですね。
エンドロールで席を立たせない演出なのかも、と思いつつ、
すっかり楽しませてもらいました。

終わってからしばらく、“♪んゲロッパ!♬”って
ついつい口ずさんでしまう、テンションの高まる、
そんな作品でした。

勝手に評価は、
A(とてもよい)で!
[next]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。