復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2005/09/19
ホワイトバレンタイン
公開:1999年(韓国) キャスト:チョン・ジヒョン 他
本編:89分

この映画はねぇ、
惜しい!
ですよ。

あの『猟奇的な彼女』で一躍人気になったチョン・ジヒョンのデビュー作ってことで、喜び勇んで(旦那っちが)購入したんですけどね、なんていうか、ストーリーが雑なんですよ(ーー;)

恋人を失ってすさんだ生活をしている男性に、ある事がきっかけで偶然知り合いう。実はその男性は主人公の少女が昔大人のふりをして文通していた相手だった。少女がそれを告げないまま、男性は自分探しのだびに出てしまう。最後は少女が絵本作家になって、彼との事を書いていて、その絵本を見つけた男性が会いに行くわけです。結末は、韓国ドラマにも良くある“さぁ、どうなったでしょうか”的な終わり方なんですね、はい。

話しの筋書きとしては、決して悪くないと、私は思うんですが、旦那様はがっかりしてましたよ、観た時。
確かにネェ、微妙ですね。

まぁ、チョン・ジヒョンは可愛かったし、相手役のパク・シニャン(パリの恋人に出てた人です)も、似合わないロン毛で頑張っていましたが、なんとも、微妙です、はい。

このブログ初の、辛口コメントになってしまいました、ごめんなさい。

明日のラッキーアイテム
キムチ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。