復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2005/09/27
花嫁はギャングスター
2001年韓国 シン・ウンギョン パク・サンミョン 他
本編107分

思うところあって、これからしばらくは韓国映画を観まくります。
我が家に置いてあるDVDを観て、それでも飽き足らなかったら借りてきて観まくろうとも思っています。

・・・気が変わらなければ(^_^;)

さてさて、本題の映画の話です。

泣く子も黙る、向かう所敵なしの女組長“ウンジン”。
ずっと探していた姉が、癌の末期で余命いくばくもないことがわかり、ショックを受ける。その姉の、たっての願い
「ウンジン、結婚して幸せになって・・・」
男社会で、肩で風を切っていきてきたウンジンだが、姉の願いをかなえるべく仕方なく結婚相手を探し、自分がやくざだと隠して結婚生活を始める・・・

面白かったなぁ。何しろ、ウンジンがカッコいい!!
どんな相手も蹴散らして、バシバシやっつけて行くんだけれど、結婚するために、手下の愛人に女性としての指導を受ける姿が、おかしくて。
んで、またその指導が、杉本彩ばりのフェロモンの出し方講座なもんだから、むちゃくちゃで面白い。

それに、単なるアクション映画でなくて、登場人物の気持ちというか、人情味が描かれていて、ちょっとジーンとしたかな。
ひょんなことから旦那様候補に選ばれ、あっという間に結婚してしまった夫・スイルが、
「俺を愛してなくてもいい。やくざは辞めろ」
ときっぱり言い切る姿。

組長の右腕マンジガー(昔そんな名前のアニメがあったなぁ・・懐かしい・・)の絶対的な忠誠心。

もう、挙げたらキリがないです。

面白かった。

追伸ですが、この間までフジでやっていた『悲しき恋歌』のゴンウ役のヨン・ジョンフンがさえない運転手役で出ていました。この映画に出ていたらしいという情報はあるので、多分、そうだと思います。ガセだったらすいません(>_<)

明日のラッキーアイテム
はさみ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。