復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2005/10/23
私の頭の中の消しゴム
若年性アルツハイマー・・・

聞き覚えはあるものの、私にとっては全く身近ではない病気です。

実を言うとその日テレでやっていた『ピュアソウル』もちゃんとは観ていませんでした。(その頃は、とにかく忙しくてほとんどテレビを見られなかっただけなんですけど)
でも逆に、何の先入観もなく観る事が出来たので、まぁ、よかったかもしれません。

例のごとく、映画館で観る時はレイトショータイムなので、公開初日にもかかわらず、観客はまばら・・・

前半は、ごく普通のラブストーリーって感じでしたが、後半、スジンの病気が発覚してからは、もう、切なくて切なくて・・・
隣にいた旦那様が、私の持っていたハンドタオルを取りあげ、そっと目元を押さえていたのを見て、ますます泣いてしまいました・・・
・・あ、それ、鼻水も拭いちゃったんだけど・・・

決してハッピーエンドではないし、むしろ不幸な運命を背負ってしまった二人のお話なわけですが、
“僕が彼女の面倒を見ながら働きます”
と言い切ってしまうチョルスの愛情の深さがもの凄く暖かく感じました。

チョルス役のチョン・ウソンは、評判どおり、いえ、私の中では評判以上に、素敵な俳優さんでした。
何度も思うのですが、韓国の俳優さんは長身で体がしっかりしていて、惜しげなくそれを露出してくれちゃうのがいいですね。セクシーとかそう言うレベルではなく、美しい・・・

私は、記憶がなくなってしまっても、旦那様を見て安堵したりできるだろうか・・・。うん、ちょっと自信ある。
逆はどうだろう・・・。うん、怖い。。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。