復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2005/10/29
アウトライブ
2000年 シン・ヒョンジュン キム・ヒソン チョン・ジニョン 他
本編:117分

これも私にとっては、名作の一つになりました。

秘伝の武術書と言われている“飛天神記”をめぐる闘い。
自分たちの宿命に気づかず愛し合う二人。
運命によって引き裂かれる二人、そして運命によって争わねばならない男同士の哀しみ。

歴史的なスケールを感じる内容なので、登場人物の相関図のようなものを書きながら観ました。
そのお陰で、なるほど、と納得しながら見入れましたし、分かれば分かるほど、登場人物に感情移入して見てしまいました。

泣ける!

最後はハッピーエンドではないし、ずっと眉間にしわを寄せながら観ていましたが、いい意味で重みのある映画でした。

本格アクションに感じたので、最初は劇場で観て見たかったなぁ、と思いましたが、観終わった今は、アクションよりも登場人物の人間ドラマの方が心に残っているので、じっくり家で観れてよかったかも、と思い直しました。

この映画を観て、ちょっとシン・ヒョンジュンが好きなってしまいました。きっと正確には、シン・ヒョンジュン演じる“ジナ”の悲哀に満ちた目に、惚れてしまったのだと思うのですが(*^。^*)

ジン・ヒョンジュンとその恋敵役のチョン・ジニョンは、『ガン&トークス』でも競演しましたね。
二人とも、とても味がありますね。素晴らしい。

勝手にオススメこんな人
オトコの友情を大切に感じる人
宿命ゆえの哀しみを経験した・してみたい人

参加しています。
読んだついでにぽちっとしていただけると嬉しいです。
ランキング


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。