復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/01/04
花とアリス
本編:135分 公開:2004年

あらすじ:
幼なじみのハナとアリス。
ハナは自由奔放なアリスにいつも振り回されてばかりいる。
桜の花びらが舞い落ちる季節、そろって二人は手塚高校に進学する。
ハナは憧れの先輩・宮本が所属する落語研究会に入部。
そんなある日、意外なかたちでハナにチャンスが舞い降りた。
宮本がガレージのシャッターにぶつかって気を失ってしまったのだ。
意識がもうろうとしている宮本にハナはとっさに
「記憶喪失ですよ、先輩!」
ハナがついた嘘が嘘を呼び、ついには親友のアリスを巻き込んで、
ややこしくも奇妙な三角関係が始まった。(DVD裏面より)



始まってすぐ、そのテンポのスロー感に、
「135分か・・・長いなぁ」
と感じたのが正直な気持ちです。
ハナ役の鈴木杏ちゃん以外は、力が抜けた演技で、
映像の感じなども含めて、最後までゆーーーっくりとした映画という印象でした。

なのに、それほど飽き飽きしくて、結構しっかり見ちゃいました。

多分、
どう考えても信じる人はいないでしょう、とうハナの嘘とか、
チョイ役に大物を送り込んでるアリスのオーディション場面とか、
結構複雑な環境なのに、ちっとも腐ってないアリスの性格とか、
三角関係という設定のわりにはとってもさばさばしている人物関係とか、
ことろどころに私好みの隠し味があったからだと思います。

ストーリーのあるプロスポーツーモーション映像のようで、
きれいな作品でした。

好みにもよるかもしれませんが、
ラフな気分で天気の良い昼下がりにさらっと何か見たいなぁ
というときにいいかもしれませんね( ^^) _U~~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。