復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/01/18
恋愛寫眞
2003年 本編:111分
キャスト:広末涼子 松田龍平 小池栄子 ドミニク・マーカス 他
あらすじ:
三流プロダクションからの仕事がクビになったカメラマンの誠人。
その日、別れた恋人・静流(シズル)からエアメールが届く。
3年前に別れたまま、消息の分からなかった彼女。
友人の間では静流はニューヨークで殺されたと噂されていた。
それなのにどうして手紙が・・・?
エアメールに入っていた写真を手に、誠人はニューヨークへ旅立つ・・・。
20060118151940.jpg




前半は、広末涼子のファンにはたまらないだろうと思うほどの、
まるでプロモーションのようなシーンが目立ちます。

そして、言い方は悪いですが、
べたな学園ドラマのような展開だったので、実のトコロ、あんまり期待せずに見ていました。

でも後半、特に、その衝撃の真実とでもいうのでしょうか、
それにはちょっとびっくりしました。あまりにも意外で・・・(;O;)

正直、始まってすぐに、シズルの消息については、なんとなく分かってしまったのですが、
主人公・誠人の、シズルを想う気持ちを知れば知るほど、
私の直感が間違っていればいいのに・・・と思ったりしました。

最後の最後の、誠人とシズルのシーン。
それがあったので、ちょっとほっとしたかな。
それがなかったら、ん、ビミョー、だっかかな?

勝手に評価:Aランク
S=超サイコーだった
A=とても良かった 
B=良かった 
C=あたらずさわらず
D=失敗です・・・


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。