復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/01/26
交渉人 真下正義
興収42億円の超大ヒット!!「踊る」レジェンドシリーズ第1弾登場!!

いいね、ユースケ、のってるねぇ(*⌒ヮ⌒*)

20060127015227.jpg

本編:127分
出演:ユースケ・サンタマリア 寺島進 小泉孝太郎 松重豊 
   柳葉敏郎 水野美紀 他
あらすじ:
レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」から1年。
雪乃(水野美紀)とクリスマスイブのデートを約束していた警視庁初の交渉人“ネゴシエイター”、交渉課準備室課長の真下正義(ユースケ・サンタマリア)は、その日の午後、室井管理官(柳葉敏郎)から呼び出しを受ける。
東京の地下鉄の最新鋭実験車両(通称:クモ)が何者かに乗っ取られたのだ。
乗降客200万人の命が、爆走する経った1両の車両によって危険にさらされる。
理由なき犯罪に錯綜する捜査-。そして犯人は交渉の窓口として、真下を指名してきた・・・。
迷走する地下鉄全車両にも、時間的限界が迫りくる。
そして、雪乃との約束の時間も刻一刻と迫っていた・・・。
真下は事件を解決して、雪乃のもとへ会いにゆくことができるのか!?
<DVD裏面より>



思ったより、というべきか、思っていた通り、というべきか・・・
面白かった!

確かに、細かいところや、最後とか、むむ・・というところも、あります、
もうちょっと、“交渉人”具合をアピールした内容を期待してたのよねぇ、
ってものあります。
でも、それを差し引いても、
面白かった(⌒▽⌒)

『踊る』シリーズは、ドラマの時から好きで、ファンでした。
映画第一弾も、ちゃんと劇場に観に行きましたから。
しかも、まんまと泣いちゃったし・・・
テレビで何度見ても、つい、泣いちゃうし。
織田裕二、好きくなかったケド、青島が好きだから、重なって、悪くないと思わされちゃったし。
ワクさんとか、顔が、超、うちの父親に似てて、勝手に思い入れがあったりするし。

ドラマの頃からそうだったけど、特にこの“真下”を演ってる時のユースケって、とても頭のいい人に見えるから凄い。
ぷっすまの時とは、大違い。
やっぱり役者なんだなと、つくづく感心してしまいます。

思っていた以上に、迫力ある映像で、やっぱり、劇場で観ときたかったな、と、少し後悔させてくれた、そんな作品でした。

と言うことで、勝手に評価は・・・
A=とても良かった 

20060127015400.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。