復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2005/12/07
ALWAYS 三丁目の夕日
今日は、予定どうり、地元の映画館で劇場鑑賞を堪能して来ました!

日中と言う事もあったかもしれませんが、
杖をついた老夫婦が観にいていたのは驚きでした。
そのほか、
私より少し年上のおねぇさま方や、
ご年配の男性がお一人で観に来ていたり。
へぇ~
ついつい、人間観察をしてしまいました。
本当にいい映画でした・・・・

見る前は、
泣け!泣かすぞ的な映画かな、とも思っていたのですが、
いい意味で、違っていて、それがとてもよかった。

タバコ屋のおばちゃん、駄菓子屋のくじ、みんなが遊ぶ空き地・・・
小学校2年まで、福島の田舎町で育った私には、
とても懐かしいものばかりでした(*^。^*)

さすがに冷蔵庫は、一般家庭に定着していたので、
へぇ~、そんなんだったんだぁ・・・
と、感心したりもしました。

最後は、映画を観ているというよりは、
ちょっとしたドキュメンタリーを観ているような気になるくらい
入り込んでしまった自分がいました。
・・・まぁ、基本的に感動しぃなんですが(^┰^;)ゞ

役者さんたちはもちろん一流どころで、みなさん素晴らしかったんですが、
私が最も感心したのは、
一平役の小清水一輝君
とぉぉってもいい味出してました(o^v^o)
すごく自然で、なんか、よかったなぁ。
顔も好きな顔だったし♪~(=^ε^= )

(これはネタばれになっちゃうかな(>_<)・・・)
鈴木一家が夕日を眺めながら、
お母さん(薬師丸ひろ子)が
「この夕日がずっと続くといいね」
と言った後、一平くんが
「何言ってんだよ。夕日は今日も明日もあさっても50年後もきれいに決まってるだろ」
と言うシーンがあるのですが、
果たして、その50年後の今、
どのくらい夕日がきれいなんだろう・・・
私たちが今見ている夕日は、あの時一平君が見た夕日と同じなのだろうか・・・

と少しセンチメンタルになってしまいました。

戦争が終わって、生きている自体が幸福だった時代・・
変わって行くことがイコール希望だった時代・・・

この映画を“いい映画”と思えば思うほど
同じくらいむなしさを感じてしまう・・・

過去はそれに浸るために思い出すのではなくて、
明日へ生かすために忘れないように思い出すんだ。


個人的にちょっと思い当たる事があったので、
少し考えさせれる映画でした。

DVDも買ってしまいそう・・・

励みになります↓
ランキング


スポンサーサイト
Comments
TBさせて頂きます。 by 出田(nao)
はじめまして、TBさせて頂きます。
最後の東京タワー完成後の夕日は、
とても印象的な場面でした。
こういう時代があったのだなーと思ってしまいました。
昭和の雰囲気が良く出ている、良い映画でした
posted on 2006/01/08 URL [edit]













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS
ALWAYS 三丁目の夕日
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・ 長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
2005/12/07 | ネタバレ映画館
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他■日本産 133分最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。実はこの映画まったく観る予定じゃなかったんです
2005/12/08 | ひるめし。
ALWAYS 三丁目の夕日
【鑑賞】試写会2005年11月5日公開 2005/日本【監督】山崎貴【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和【原作】西岸良平「三丁目の夕日」舞台は昭和33年の東京。下町の夕日三丁目には、人情味あふれる住民たちがにぎやかに暮らしていた...
2005/12/09 | 映画日記
ALWAYS 三丁目の夕日
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
2005/12/09 | Akira's VOICE
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目
ALWAYS 三丁目の夕日泣いた、、、ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。SFXとは、こういう使い方をするんだぁ!年代は...
2005/12/10 | 猫姫じゃ
GEOのオンラインサービス
皆さん、GEOのオンラインサービスをご存知ですか?ネットで注文して、返却す
2005/12/13 | アフェリエイトで稼ぐ
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
2005/12/14 | ☆ 163の映画の感想 ☆
『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました!
 2005年11月8日『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー!47年後に、逢いましょう。すべての日本人に贈る夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!!文部科学省選定作品★スタッフ★監督・脚本・VFX:山崎貴脚本:古沢良太音楽:佐藤直紀主題歌:D-51 「ALWAYS」  ★キャスト★
2005/12/31 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演山崎貴監督、2005年予告編を見た時、「この映画はやめよう」と思っていた。「泣き」の映画のあざとさのようなものを嗅ぎ取ったからだ。で、映画館の暗闇で上映開始を待...
2006/01/07 | soramove
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。観に行ったのですが、普通(」゜ロ゜)」 ナント普通の日本映画でした。普通でないのは映像技術。遠くに見える東京タワーですとか、昭和の町並み。次第に出来上がって
2006/01/08 | AI-z「出田直正(nao)の一日。」
「ALWAYS 三丁目の夕日」
なにっ!私の作品をVFXで描く!【西岸良平せんせい談(想像)】【劇場公開作品より】11/26 ユナイテッドシネマとしまえん にて監督:山崎貴原作:西岸良平出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、他まずは、西
2006/01/09 | こだわりの館blog版
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!!
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
2006/12/17 | 名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など
トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。