復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/01/20
オリバー・ツイスト
おすぎの宣伝でおなじみ(?!)の映画です。
チャールズ・ディケンズ原作の小説を
『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督が映画化。

地元の映画館での試写会に当たったので、ちょっくら鑑賞してまいりました。

涙のあと
幸せはやってくる。
yxageyxyap.jpg


本 編:130 分
製作国:イギリス/チェコ/フランス/イタリア
キャスト:
バーニー・クラーク(オリバー・ツイスト)
ベン・キングズレー( フェイギン)
ハリー・イーデン(アートフル・ドジャー)
ジェイミー・フォアマン(ビル・サイクス)
エドワード・ハードウィック(ブラウンロー氏)
リーアン・ロウ(ナンシー)

ストーリー:
時は19世紀のイギリス。
9歳になり、救貧院へと連れて来られた孤児のオリバー・ツイスト。
夕食の席でおかわりを求めたばかりに委員の怒りを買い追放処分になってしまう。
その後、一旦は葬儀屋の主人に引き取られるが、ここでもみんなから理不尽ないじめにあう。
耐え切れなくなったオリバーは家を飛び出し、70マイル彼方にある大都会ロンドンを目指す。
やっとの思いで辿り着いたオリバー。
くたくたになっているところに、フェイギンが束ねる少年スリ団のリーダー、ドジャーと出会う。
彼と行動を共にするオリバー。
ある日、事件に巻き込まれて警察に捕まってしまい・・・。

公式サイトです→http://www.olivertwist.jp/

“魂を震わせる本物の愛と感動!2006年最初の涙を贈ります。”
・・・とチラシには書いてありました。

確かに、感動作品であることに間違いはないでしょう。
でも、全体的に淡々とした感じがして、
私としては、映画を観た、というよりも、
2時間10分かけて小説を読んできた、というのが、率直な感想でした。

きっと、映画では物足りなかったのかな、とも、思いました。
一つ一つのエピソードがイマイチぐっと来なくて、
なので、“感動のラストシーン”で、うるっとしか来なかったのだと。
どうせここまで上演時間が長いなら、もうちょっと、もうちょっと、ぐぐっと捕まえて欲しかった。
不完全燃焼で終わってしまった感が、どうしても拭い去れません(-"-)
今回も、期待しすぎた・・・かな(-。-;)

ということで、とっても迷ったのですが、
勝手に評価は・・・
ごめんなさい!C(あたらずさわらず)で!


スポンサーサイト
Comments
オリバーツイスト by 有閑マダム
がんのすけさん、こんにちわ。
コメントとTB有難うございました。

けして悪くないのですが・・・何か中途半端な印象だったんですよね~。
監督は狙い通りの効果で作っていて、それがただ、宣伝文句や「オリバーツイスト」という話に私たちが期待する涙!と一致していないだけかもしれないのですけれどね。

ベン・キングスレーは怪演でしたね!

また遊びにきます。
posted on 2006/01/23 URL [edit]













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS
オリバー・ツイスト
試写会行ってきました。期待しすぎたかもしれません。 私が冷酷だからかもしれません。感動の涙は流れませんでした。  文豪チャールズディケンズの名作を ロマン・ポランスキー監督が映画化。 今年度アカデミー賞最有力!! というふれこみで、おすぎも...
2006/01/23 | 色即是空日記+α
オリバー・ツイスト/ Oliver Twist
61年生きてきて良かった!とか何とか、"おすぎ”がまた叫んでた。。。{/hiyo_shock2/}お金いっぱいもらっといてそんなこと言われたってね~。これまでも数回映画化されている、文豪チャールズディケンズの名作を「ローズマリーの赤ちゃん」「戦場のピアニスト」のロマ
2006/01/23 | 我想一個人映画美的女人blog
オリバーツイスト/ Oliver Twist
ロマン・ポランスキー監督、「戦場のピアニスト」以来の作品ということで観たためなのか、まさにポランスキー調の「オリバーツイスト」に仕上がっていると感じました。イギリスの文豪、チャールズ・ディケンズ原作の「オリバー・ツイスト」は、今までにも何度か映画化された
2006/01/23 | 有閑マダムは何を観ているのか?
「 オリバー・ツイスト 」
監督 : ロマン・ポランスキー 主演 : バーニー・クラーク /サー・ベン・キングズレー /ハリー・イーデン      公式HP:http://www.olivertwist.jp/ 原作は、「 クリスマス・キャロル 」などの名作を世に送り続けた、文豪チャールズ・ディケンズの名作 ...
2006/01/24 | MoonDreamWorks
オリバー・ツイスト
期待値:44%  チャールズ・ディケンズの名作の映画化。 アカデミー監督、ロマン・ポランスキーの感動
2006/01/24 | 週末に!この映画!
オリバー・ツイスト
試写会で、出演:バーニー・クラーク/ベン・キングズレー/ハリー・イーデン/ジェイミー・フォアマン/リアン・ロウ/エドワード・ハードウィック/原作:チャールズ・ディケンズ/脚本:ロナルド・ハーウッド/監督:ロマン・ポランスキー/作品『オリバー・ツイスト』を観ました
2006/01/26 | Rohi-ta_site.com
Oliver Twist
文豪チャールズ・ディケンズの小説がロマン・ポランスキー監督の手によって映画化されました19世紀のイギリスの片田舎。救貧院を追われたオリバーはロンドンまで歩いて上京。飢えと疲れで身動き出来なくなっていたオリバーを、ロンドンのスリ集団が救います。スリ
2006/01/28 | la nourriture de l'esprit
映画:「オリバー・ツイスト」
監督: ロマン・ポランスキー 出演: バーニー・クラーク、ベン・キングズレー、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン、リアン・ロウ 原作: チャールズ・ディ
2006/01/29 | 遠慮無く…書くよ!
映画: オリバー・ツイスト
邦題:オリバー・ツイスト 原題:Oliver Twist 原作:「オリバー・ツイ
2006/01/29 | Pocket Warmer
オリバー・ツイスト
九段会館で、試写会観てきました。感想は‥ん~
2006/01/29 | パラダイス天竺夫婦日記
オリバー・ツイスト
9歳の孤児オリバー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、救貧院で労働に従事していたが、とある事件で救貧院を追放されてしまう。その後葬儀屋の主人に一旦は引き取られるが、理不尽ないじめにあったオリバーは、ついに家を飛び出し70マイル彼方にある大都会ロンドンを目指.
2006/01/30 | ブツヨクニッキ
「オリバーツイスト」見てきたよ。
はい、こんばんは。土曜日にね、「オリバーツイスト」見てきたんです。何の予備知識もなく・・・。キャッチコピーは”涙のあと 幸せはやってくる”っていう名文句と、オリバー君のかわいいかわいい、だけど、悲しげな表情。これは、見なくっちゃって。んで....
2006/01/30 | 雪華と、うふふ
【劇場鑑賞8】オリバー・ツイスト(OLIVER TWIST)
涙のあと幸せはやってくる。
2006/01/31 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
『オリバー・ツイスト』 2006・1・30に観ました
『オリバー・ツイスト』 公式HPはこちら ●あらすじ19世紀の英国。天涯孤独の少年オリバーが救貧院を追放され、単身大都会ロンドンへと疲労困憊の状態でたどり着く。そこで彼は悪党フェイギン率いる子どもたちのスリ集団に助けられるが・・・・・・・・・・・・
2006/01/31 | 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
オリバー・ツイスト
貧困の 支えに悪は 何処にある   そういやあ、ローズマリーから何年? 1970年頃だと思うから、35年にもなるんだあ。人間が人間以外の子どもを産む、なあんて、よう分からんけど、心理描写が卓越的な作品。そうして、さらに名作「テス」が生まれたはね。ナスター
2006/01/31 | 空想俳人日記
オリバー・ツイスト
オリバーを守ってやりたい
2006/02/01 | 悠雅的生活
「オリバー・ツイスト」今、語られる意義が見えない
「オリバー・ツイスト」★★★ロマン・ポランスキー監督、2005年イギリス文豪ディケンズが描いた19世紀のイギリスを映画界の巨匠ロマン・ポランスキー監督が映像で何を提示するのか。冒頭から遠い異国の風景に入り込む、無垢な瞳の少年の様々な試練...
2006/02/02 | soramove
『オリバー・ツイスト』 
涙のあと、幸せはやってくる。■監督 ロマン・ポランスキー■脚本 ロナルド・ハーウッド■キャスト ベン・キングスレー、バーニー・クラーク、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン□オフィシャルサイト  『オリバー・ツイスト』  19世紀のイギリス。 救貧院
2006/02/05 | 京の昼寝~♪
映画館「オリバー・ツイスト」
文豪チャールズ・ディケンズの小説をロマン・ポランスキー監督が映画化したもの。ミュージカル版の「オリバー!」を先に観ようか悩みましたが、今回はこちらを先に観ることにしました。文芸作品を映画化したものは、あまり期待をしないように観るようにしています。小...
2006/02/08 | ☆ 163の映画の感想 ☆
トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。