復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/01/07
ゲロッパ!
踊るゴットファーザー、参上

B0000C7P8A.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg


2003年 本編:112分
出演:西田敏行 常盤貴子 山本太郎 岸部一徳 他
監督:井筒和幸

STORY:
収監を数日後に控えた羽原組長(西田敏行)には、やり残したことが二つある。
一つは25年前に生き別れた娘のかおり(常盤貴子)に再会すること。
もう一つは大好きなジェームス・ブラウンの名古屋公演に行くこと!
「もう一回だけ会いたかったなぁ・・・」と呟き、組を解散すると言う羽原親分のために、弟分の金山(岸部一徳)は、子分の太郎(山本太郎)たちにとんでもない命令を下す。
「いますぐジェームズ・ブラウン、さらいに行って来い!」
果たしてJBの誘拐は成功するのか?!


これぞ、娯楽映画!って感じでしたね(≧▽≦)
あまり頭を使わず、テンポ良く見ていられて、
笑う要素、親子の愛をホロリの要素、それぞれを程よくちりばめてあって、イケテますねd(^-^)!

なんていうか、井筒監督と西田敏行のコンビっていうのが、
さらに味わいを深めた、って感じですか。
ラストの方で、西田敏行演じる親分が、バリバリJBをシャウトする(なんか、長島茂雄っぽい表現?!)シーンがあるんですが、
これが、まるで、ミュージックビデオを見ているようで、
かっこいい!
個人的に、西田敏行、結構好きなので、なおのこと、いい!

それから、それから、エンドロールがまた、いいですね。
エンドロールで席を立たせない演出なのかも、と思いつつ、
すっかり楽しませてもらいました。

終わってからしばらく、“♪んゲロッパ!♬”って
ついつい口ずさんでしまう、テンションの高まる、
そんな作品でした。

勝手に評価は、
A(とてもよい)で!
スポンサーサイト
Comments













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS
トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。