復活:CINE観た日記

夫が趣味で集めたDVDを中心とした 映画鑑賞の記録と感想を記録したブログです

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2005/09/22
RIDDICK~リディック~
公開:2004年 キャスト:ヴィン・ディーゼル ダンディ・ニュートン 他
本編:118分

きっと、映画館で観たら、
凄い迫力
だったんだろうなと思いました。

想定も、ありえない、現実離れした設定だし。
私は多分映画館で観たら、びっくりしっぱなしだと思いますが(+o+)


途中見ている間は、
やっぱり暴力や恐怖で人を統率すると必ずひずみが生じるんだ、うんうん。
ってコメントしようと思っていたのですが、
最後に

え?結局強ければいいの?

で終わってしまったのが、個人的にはとっても残念でした。

勝利を得た主人公も、ただ本能のまま戦う民族だし、決して悪人ではないけど、良しと出るかその逆かは、五分五分と思わせる終わり方だし・・・うむうむ

勝手にオススメこんな人
強い男に憧れるヒト

明日のラッキーアイテム
携帯電話
2005/09/18
ファンタスッティク・フォー
昨日、映画館で観てきました。

映画はいつも、夕飯を食べた後、地元の映画館で一番遅い時間で見ます。そうするとレイトショー料金で観る事が出来るので。余談ですけど」^_^「

この日は、話題の『四月の雪』の公開日のためか、町の映画館にも関わらず、ちょい混み。微妙に年齢層が高かったですね、はい。

さて本題ですが、
勧善懲悪!
で、面白かったですね。
分かりやすかったし。

原作が漫画と言う事もあって、シリアス一辺倒ではなくて、ことろどころにギャグがちりばめられていて、面白かったですよ。
そしていつも思うのですが、翻訳する人って、本当に凄いなぁって感心しちゃいます。
私たちはあくまでも字幕で書かれている日本語で理解するわけですから、その状況で交わされるセリフによっては、面白さが半減する事もあるわけですもんね。
ほんとうに、大したもんです、はい。

そして、ちょっと思ったのは、
スパイダーマンの時もそうですけど、こういう系って、日本でも仮面ライダーとか戦隊モノとかあしますが、あくまでも子供のヒーローでしかなくって、大人になってそういう映画を観に行くのって、ちょっとあり得なくて恥ずかしいっていう風潮がありますよね。
なのに欧米では、“大人の映画”として作られて、結構なヒットをとばしてたりしますよね。やっぱりこれってジャパニーズコンプレックスなのかしら、それとも単に、“狙い”の違いなんでしょうか?
素朴な疑問です、はい。

映画の感想というよりは、個人的なつぶやきになってしまいましたが、
ほんと、面白かったですよ。
隣のカップルが結構大きい声で笑ったり、リアクションが大きくて、そっちも、ちょっと面白かったですし。むふ。
あと、終わり方が、スパイダーマンの時のように、続きを思わせる感じだったので、旦那様に「きっとⅡもあるよ」って話してたら、後ろから歩いてきたカップルも同じ事言っていました。みんな考える事は一緒なんだと思いました、まる。

明日のラッキーアイテム
白いTシャツ
2005/09/17
トランスポータ
公開:2003年 キャスト:ジェイスン・ステイサム スー・チー 他
本編:93分
 
第一の感想は
すごいねぇ
です(p_-)

主人公フランクは元軍人という設定なんですが、それがその美しい肉体美を納得させてくれると、勝手に思いました、はい。

それに関連して、アクション映画にありがちな格闘シーン、普通は『わちゃぁ、あちゃぁ』って感じなんでしょうが、この映画の場合、主人公フランク演じるジェイスン・ステイサムの、背中そして肩甲骨までしっかりと鍛え上げた肉体で、流れるような格闘シーンに仕上がってるシーンが、とても素敵でした。

夫には、「随分マニアックな映画から観たね」って言われたけど、これを買ってきたのは、あなたですから!

それにしても、どんな任務もクールにこなし、ルールを重んじる慎重なフランクが、なんでその荷物に限って開けてしまったのかは、とっても不自然で、謎ですが、まぁ、映画ですから (=_=)、ね。

まさに運び屋が、最後にはとっても大きな荷物を、正しく、正しいところに送り届けましたとさ、ちゃんちゃん、って感じですかね。

明日のラッキーアイテム
グレープフルーツ
[previous]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。